むくみが出ないお酒の飲み方はコレ!これでもう飲み会も怖くない

「むくみがひどくなるからお酒はあまり飲みたくない」と、飲み会シーズンが近づくたびに憂鬱になる人もいるのではないでしょうか。お酒を飲んだ後のむくみは、ちょっとした飲み方のコツさえ抑えれば、予防することができるんです!

お酒を飲んだ翌日はむくみでパンパン

お酒で盛り上がる飲み会は楽しいものですが、翌朝鏡を覗き込んで、ぱんぱんにむくんだひどい顔にぎょっとする人も多いのではないでしょうか。お酒を飲んだ後のむくみはどうしようもない…なんて諦めていませんか?

お酒でむくむメカニズムを知って、ちょっとしたコツを押さえてお酒を楽しめば、翌朝のむくみに大きな違いが表れてくるんです。

何故お酒を飲むとむくむの?

お酒を飲むとトイレに行く回数も増えるはずなのに、なぜ翌朝あんなひどくむくんでしまうのでしょうか。それは、アルコールにこんな性質があるからなのです。

アルコールを飲むと身体は脱水状態に

アルコールには利尿作用があり、細胞の中の水分まで大量に排出してしまうのです。喉が乾いてる時のアルコールは格別においしいものですが、これは水分補給になるどころか、逆に身体を脱水状態にしてしまう原因に。

特にカリウムが多く含まれているビールはアルコールの中でも利尿作用が強いので、さらに脱水症状が起こりやすいといわれており、注意が必要です。

アルコールが血管を膨張させる

細胞から水分が抜けて脱水状態になれば、むくみが解消されそうな気がしますが、残念ながらそうはいきません。アルコールには、血管を膨張させる働きがあります。膨張した血管の壁には小さな穴が空いているので、そこから血管の外へ水分が出ていってしまい、むくみとして蓄積されてしまいます。

身体は脱水状態なので水を欲しますが、血管から抜け出してむくみとなってしまい、水分を必要としている細胞に届かない。だからもっと水分が欲しくなる…という悪循環が、アルコールを飲んだ時のひどいむくみのメカニズムだといわれています。

おつまみで塩分過多に

塩分に含まれるナトリウムは、身体に水分をため込みやすいむくみの大敵。お酒にあうおつまみは、塩辛やフライドポテトなど塩辛いものが多いので、ついつい塩分を摂りすぎてしまいがちです。

飲み会の前に心得ておきたいむくみ予防法

アルコールが身体をむくませてしまうメカニズムはわかりましたが、どうすればむくみを防ぐことができるのでしょうか。効果的にむくみを防ぐためには、飲み会が始まる前からの準備が必要です。

前日はしっかり寝ておく

睡眠不足で疲労した身体は、アルコールを分解する肝臓の機能も低下している状態です。疲労した身体での飲酒は、むくみだけでなく悪酔いや二日酔いも引き起こしやすくなります。飲み会の前日にはたっぷりと睡眠を取って体調を整えておきましょう。

お酒の合間に水を飲もう

お酒を飲む時にはお水を手元に置いておいて、お酒の間に少しずつ飲んでいきましょう。このお水には、血中のアルコール濃度の上昇を防ぐ、身体の脱水症状を防ぐ、アルコールの飲み過ぎを防ぐという3つの役割があります。むくみを防ぐだけでなく、悪酔い防止の効果も期待できますよ。

少量ずつゆっくり飲んで飲み過ぎを防ぐ

命に関わる危険が指摘される一気飲みをする人は減ってきましたね。ですが、暑い季節や仕事の後の一杯は格別でついつい勢い良くグラスを開けてしまう人は多いでしょう。

体内に一気にアルコールが入り込むと、アルコールを分解する肝臓に大きな負担をかけてしまいます。少しずつゆっくりと飲んで、飲み過ぎを防ぎましょう。

 

意外と知らないアルコールの適量ですが、厚生労働省が推進する“節度ある適度な飲酒”は、1日あたりアルコール20g程度とされています。これは健康な成人男性を基準にした数値なので、女性やお酒にあまり強くない人は、これよりも少なめがちょうど良いですね。

 

【アルコール20gを含むお酒】

 

酒の種類 アルコール度数
ビール 5% 中瓶1本(500ml)
日本酒 15% 1合(180ml)
焼酎 25% 0.6合(60ml)
ウィスキー 43% 1/4本(180ml)
缶チューハイ 5% 1.5缶(520ml)

 

冷たいものよりお湯割りを

アルコール自体には、血行を促進して身体を温めてくれる働きがあります。けれど、氷がたくさん入った冷たいお酒をたくさん飲めば、やはり身体は冷えてむくみやすい状態に。良く冷えたお酒はおいしいですが、むくみが気になる時は氷を入れない常温か、お湯割りで飲んで身体を冷やさないようにしましょう。

おつまみは塩分控えめのものを

味の濃い料理は控え、枝豆、冷ややっこ、サラダなど味付けが薄いものや自分で調整できるものを選ぶようにしましょう。大手チェーン系居酒屋では、メニューに塩分量を表示しているところもあります。

就寝3時間前には切り上げる

女性が適量といわれる20gのアルコールを分解するのには、約3時間掛かるといわれています。アルコールを分解しきらないまま寝てしまうと、就寝中も内臓が働き続けてしまいます。そうなると、寝ても疲れが取れない上に、翌朝の二日酔いやむくみの原因になります。飲み会は遅くとも就寝時間の3時間前までには切り上げましょう。

飲み会の後にできるむくみ対策

飲み会から帰ったきた後にも、もうひと工夫で翌朝のむくみが断然変わってきます。飲み会を早めに切り上げて帰宅した後は、明日に備えて身体をゆっくりと休めましょう。

しっかりお風呂に温まろう

冷えた身体を温めるために、ぬるめのお風呂に20分~30分ゆっくり浸かりましょう。アルコールを飲んだ直後の入浴は身体に負担が掛かって危険!お風呂に入るのは、お酒を飲み終わってから二時間以上経過してからにしましょう。

利尿作用の高い飲み物を飲もう

お風呂上りには、水分代謝を整えてくれるカリウムが含まれる飲み物で身体を温めましょう。カフェインにも利尿作用がありますが、寝つきが悪くなるので、眠る前はノンカフェインのこんなお茶がおすすめです。

  • 番茶
  • はと麦茶
  • 黒豆茶
  • ハーブティ

それでもむくんでしまったら?

万全に対策をしてしまったけれど、朝起きたらやっぱりフェイスラインが別人のよう。そんな時に手軽にできて、即効性があるむくみ解消法はこちら。お出かけ前にぜひ試してみて。

顔のむくみには蒸しタオル&冷タオル

むくみをすばやく解消するためには、血行を良くしてあげる必要があります。時間があればお風呂に入るのが一番良いのですが、時間がない場合は温かいタオルと冷たいタオルを使って血行を改善しましょう。

  1. 濡らしたタオルを2枚用意し、1枚はビニール袋に入れて1分ほど加熱して温めます。
  2. 蒸しタオルが適温になったら、顔を温める。
  3. 温まった顔を冷たいタオルで冷やしていきます。
  4. 蒸しタオルが冷えるまで繰り返します

脚のむくみには着圧ソックス

むくんでぱんぱんになった脚に効果的なのは、外でも履ける着圧ストッキングや着圧ソックス。履いているだけで血液やリンパの流れを促進して、むくみを解消してくれます。

ナチュラルカラーのストッキングからタイツ、トレンカなどいろいろなアイテムが販売されているので、オフィスでもプライベートでもファッションにぴったり合うものがきっと見つかるはず。

これでもう飲み会も怖くない!

お酒の飲み方にちょっとした工夫を加えるだけで、飲み会翌日の恐ろしいむくみや二日酔いを予防できるんです。忘年会シーズンなど宴会が続く時期が近づいてくると憂鬱になっていた人も、今年はこの方法で翌朝のむくみとはサヨナラです!