むくみをアロマで解消!アロマバスやマッサージにおすすめのオイル

むくみに悩む人にお勧めしたいのが、アロマオイルを用いたアロマバスとマッサージ。利尿作用があるオイルや老廃物排泄効果の高いオイルを使えば、気になるむくみを解消しながらリラックス効果まで得られます。むくみに効果があるアロマレシピはコレ!

アロマオイルでむくみを解消しよう

体重が増えてしまうだけでなく、フェイスラインやボディラインといった見た目にも影響を及ぼし、太ったような印象を与えるむくみに悩む女性は多いものです。

憎きむくみを解消するのには、リラクゼーション効果も高いアロマオイルがおすすめ!雑貨屋などで1,000円程度から気軽に購入できるアロマオイルを使えば、わざわざアロマサロンへ行かなくても、自宅でも気軽にむくみに効果が高いアロマリラクゼーションが楽しめます。

何故身体がむくんでしまうの?

むくみに悩む女性は多いですが、むくみに悩む男性というのはあまり耳にしません。女性の方がむくみが起こりやすいのは、女性が男性よりも筋力が少ないせいなんです。

冷えがむくみの原因になる

通常、細胞に溜まった水分や老廃物は、全身をめぐる血液の流れに乗って体外に排出されていきます。この流れを作り出しているのが、ポンプのような役割で血液を送り出す筋肉です。

冷えて筋肉がこり硬くなってしまった状態では、うまく血液を送り出すことができません。そして、取り残された老廃物や水分が細胞に溜まってしまった状態が、私たちを悩ませるむくみの正体なのです。

むくみはそのまま放っておくと、水分が脂肪細胞に絡みつきセルライトの原因になるともいわれているので、むくみに気付いたら早めに解消することが大切です。

アロマがむくみを解消できる理由

むくみに効果があるアロマオイルは、植物の力をぎゅっと濃縮したエッセンシャルオイル(精油)のことです。100均などで売られている合成香料でできたフレグランスオイルでは、むくみ解消効果を望めません。購入の時はエッセンシャルオイルと表記されているものを選んでくださいね。

利尿作用、老廃物排出作用が決め手

100%植物のエキスでできているエッセンシャルオイルは、植物の持つ力がぎゅっと詰まったハーブの濃縮液のようなもの。

皮膚に塗っても、鼻や口から香りを吸い込んでも、効能が期待できるといわれています。

むくみを解消したい時には、利尿作用・老廃物排出作用があるこれらのオイルを選ぶと良いでしょう。

 

・ジュニバー

温かみのある香りのジュニパーは、デトックス効果が高いことで知られます。鎮痛作用もあると言われているので、歩きすぎて疲れた足のマッサージに最適です。

 

・ゼラニウム

ローズに似たフローラルな香り。利尿作用があると言われ、体内の余分な水分を排出してくれます。ホルモンバランスを調整してくれる作用があるそうなので、生理痛やPMSにお悩みの方にもおすすめです。

・レモン

さっぱりとした香り。血行を良くし、冷え症やむくみの改善に効果的なようです。殺菌作用があると言われ、風邪やインフルエンザ感染の予防にも役立ちます。

 

・シダーウッド

ヒノキに似た森林系の香りのシダーウッドにも、余分な水分を排出する作用があるそうです。すーっとさわやかな香りはデオドランド効果が高いと言われ、フットバスなどで良く使われます。

 

・柚子

冬のお風呂の定番でもある柚子は、血行を促進して身体を温めてくれる効果があるそうで、発汗作用と利尿作用でむくみ解消の手助けをしてくれると言われます。保湿効果も高いようで、乾燥肌の人に特におすすめです。

毎日のアロマバスで手軽にむくみを解消

アロマテラピーにはキャンドルやディフューザーを使う芳香浴や、マッサージなど色々な使い方がありますが、おすすめは毎日手軽に楽しめるアロマバスです。

お風呂に数滴落とすだけ

アロマバスは、バスタブで身体を温めることによる血行促進効果と、アロマオイルよるデトックス効果を一度に味わえる強力なむくみ解消法です。

いつものようにバスタブにお湯を張ったら、むくみに効果のあるアロマオイルを3~5滴垂らすだけ。アロマオイルは揮発するので、少量でもバスルーム中に香りが広がります。

 

温度は38℃前後のぬるめで、のんびり30分~40分かけて浸かるとリラクゼーション効果が高まると言われます。長時間お湯に浸かると心臓に負担が掛かるので、みぞおちより上をお湯から出して半身浴にすると良いですね。

時間がない時や、しゃきっとしたい時には、42℃前後のあつめのお湯で、肩までしっかり浸かる全身浴がおすすめです。

天然塩のアロマバスソルトで発汗作用アップ!

ミネラル成分が豊富で、発汗作用が強い天然塩とアロマオイルを混ぜれば、自家製アロマバスソルトになります。天然塩大さじ5杯分に、好みのオイルを5滴垂らして良く混ぜたら、バスタブに溶かすだけ。しっかり汗をかけば、飲み会の後にひどいむくみもすっきり解消!

 

バスソルトに使うお塩は、高価なロックソルトでなくても、天然塩ならスーパーで売られている粗塩でOK。さらさらの精製塩は、ミネラルが含まれていないのでバスソルトには向きません。

エッセンシャルオイルは劣化が早いので作り置きをせず、毎回その時使う分だけを作るようにしてくださいね。

足のむくみが気になる時にはフットバス

足がぱんぱんにむくんで疲れている時は、フットバスが効果的です。専用のフットバスがなくても、大きめのバケツや洗面器で十分です。バケツやたらいに42℃前後のお湯を張り、アロマオイルを2~3滴たらしたら、くるぶしまで足をお湯に浸して10分~15分リラックス。

むくみだけなく冷えもひどいと感じる時は、冷え改善効果が高い温冷交互浴に挑戦してみましょう。

 

お湯を張ったバケツの隣に冷水を張ったバケツを置き、温かいお湯に3分浸かった後冷水に水を1分浸けるのを3~5回繰り返すだけ。温度差の刺激で疲労回復効果とデトックス効果が得られます。

むくみがひどい時にはセルフマッサージ

時間がある時には、自分でできるアロママッサージに挑戦してみましょう。マッサージにアロマオイルを使う時は、そのままだと成分が濃すぎるので、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのベースオイルに好みのアロマオイルを数滴ブレンドして、希釈してから使うようにしましょう。

足のむくみを取るマッサージ

  1. 足の裏から膝上までオイルをしっかり馴染ませます。
  2. まずは足裏。ツボの密集しているところなので、少し強めに足の裏を揉みほぐしていきます。かかと周辺は冷えを引き起こすホルモンバランスに関わるツボが多いので、特に念入りに。
  3. 足首から膝下までを足を引っ張り上げるようにさすっていきます。足の先に溜まった水分を身体に押し戻すようなイメージで。

顔のむくみを取るマッサージ

  1. メイクを落として化粧水で肌を整えた後、オイルを手のひらで良く温めます。
  2. 両手で頬を包みこみ、頬の筋肉を優しく揉みほぐします。
  3. 頬の内側から外側へ向かって、大きく円を描くように指を滑らせます。
  4. 眉間からこめかみへ、こめかみから耳の付け根へと指を動かします。
  5. 目の外側から下瞼を通って目頭へ、目頭から上瞼を通って目じりへと円を描いていきます。

むくみに効くアロマブレンドのレシピ

アロマオイルは好きな香りを単品で使っても良いのですが、2~3種類のオイルをブレンドすると、香りに奥行きが出るだけでなく、相乗効果でより強力にむくみ解消の手助けをしてくれます。

アロマバスにオススメのブレンドレシピ

  • フレッシュなフルーツの香り:レモン3滴+オレンジスウィート2滴
  • ミントが爽やかなクールバス:サイプレス2滴+ジュニパー2滴+ペパーミント1滴
  • むくみが特にひどい時:サイプレス3滴+ジュニパー2滴

アロママッサージにオススメのブレンドレシピ

ベースオイル(ホホバオイルやスイートアーモンドオイルがおすすめ) 15mlに対して

  • 冷えを伴うむくみの時は:サイプレス2滴+マジョラム2滴+ローズマリー2滴
  • むくみが特にひどい時は;サイプレス4滴+ジュニパー2滴
  • 生理前のむくみには:クラリセージ4滴+ゼラニウム2滴

アロマオイルでストレスともむくみとも無縁の毎日を

アロマオイルはむくみだけでなく、身体の免疫力を低下させるストレスも一緒に解消してくれる優れもの。簡単にできるマッサージやアロマバスを毎日の習慣にすれば、心も身体も健やかで美しくいられそうですね!

アロマオイルは通販を利用すれば良質なものも安価で購入できますので、気になった方はチェックしてみてくださいね。